▼事 前 視 聴   (フル視聴はYouTubecrick)   「青森環境機構プレゼン」で検索   発行済パンフレット   更新 2020.10.11
   YouTube
気候変動への挑戦


2分 
   
 YouTube
気候クライシス~IPCC特別報告書から の警告
3分
 
 YouTube
ポイ捨てごみはどこへ行く?
~海を漂うプラスチック~

3分
 
YouTube
気候変動への挑戦 温室効果ガスの
大幅削減を目指して
3分 
 
  1  

 midasi
   

KES活動を通して事業のイメージアップを!  
  1.プラスチックの海
  ①
廃プラの削減(資源ごみ)
  ②
レジ袋の廃止・無使用
  2.気候変動の緩和・適応
   地域の防災を考える
   緊急事態・避難の対応
  ③
ハザードマップの活用

3   

KES活動を通して事業のイメージアップを!  
 3.エネルギー・自然エネルギー
   の使用

太陽電池と風力発電

② 電力・燃料使用量削減

 4.環境保護・生物多様性・
     自然生息地の回復

① 動画から学ぶ・地域観察

里山・森林・外来種影響


  4   

KES活動を通して事業のイメージアップを!  
 5.社会貢献
  ① 周辺の清掃活動
  ② ボランティア活動
    6.労働安全衛生
  ① 安全・衛生知識の習得
  ② 感染予防:新型コロナウイルス
 corona  
 7.環境保全のための仕組み・体制

KES環境マネジメントシステムの
取得
  
 YouTube

  5   



持続可能経営のために…

 

KES

環境への
取り組みしませんか


               
 
 
従業員4人迄の小規模事業者 様 4人超もご相談を 

特定非営利活動法人 KES環境機構 

               KES認証団体 青森環境機構 
                 KES認証団体 あきた環境機構(協賛) 
KES  
AES
  更新 2020.10.9    6   

環境取り組みのしくみに基づいて審査認証する KES環境機構(京都)の協働機関「青森環境機構」通称AESです。
いままでの主な取り組み事業者は・・・・

工場キャノン、航空電子の取引き前提条件

建設業県工事入札制度への加点

今回、広範囲な業種で 小規模事業者対象に環境活動に興味がある方へのプレゼンです
環境 取組み盛んな津軽へ・・・KES活動推進
   7  

CSR  
merit  
   8    

取り組む活動 参考カテゴリー  
   1.リスクと機会  2.環境保護.生物多様性.自然生息地の回復

3.気候変動の 緩和・気候変動への適応  4.社会貢献

5.環境教育・啓発活動

6.環境保全のための仕組み・体制  7.グリーン購入(調達) 

8.商品の販売・管理   9.製品の生産  10.製品の開発・設計  

11.騒音・振動・悪臭の発生  12.産業廃棄物の排出・収集・運搬  

13.一般廃棄物の排出・収集・運搬 

14.化学物質の購入・保管・使用・輸送・排出 

15.原材料等の購入・保管・使用・輸送・排出  16.包装・梱包材の使用 

17.紙の使用  18.自動車の使用等輸送  19.水の使用 

20.エネルギー・自然エネルギーの使用

 
   ここで特に言いたいこと・・・

”環境”範囲は皆様に取り巻く殆どに適用可能です。

 
     9    

Test_unyou
   10    

What_KES  
 

KES環境マネジメントシステム(EMS)

    審査・登録機関

          組織の環境マネジメントシステム(EMS)

          第三者の立場で審査・登録することを通して

          組織の活動が

          規格(KES環境マネジメントシステム スタンダード)且つ有効

          であることを証明する。
dai3sha KES_step1

11   

KES_zenkoku 
 

協働機関(KESスタンダードによる審査機関)…全国21機関

 
chizu

 

  12   

katudou_suki 
 

「利益追求すると共に、社会的貢献も」


今回の取得推進 理由
 2020年2月スタート

 ① 特に、異常気象更新が毎年発生する中、   

  大手グリーン調達先要求・入札加点の建設業以外

  の一般の方にも、「できる事、何かする」を推進

 ② 当環境機構の取得件数を増やし、環境活動推進

  で「社会貢献」する。

 ③ 審査のための運用を避けるため、削減・減少の

  改善から、「実施内容のテーマへ」で単純化


  13   

katudou_suki 
 

従業員4人迄の「小規模事業者」様

KES取得の利点

 ① 事業のイメージアップ

 ② 現行約5万円を、2万円以下(人件費のみ)

 ③ 初回のコンサル・審査料含めて上記②の経費

 ④ 審査3時間の中、半分は討論・勉強会

 ⑤ 手軽なWebオンラインの環境記録で運用

 ⑥ 御社名で検索すると、御社専用のホームページ

  で御社と環境活動を紹介し、イメージアップ

 ⑦ 御社従業員の個人的な取組みも、盛り込み可能

 
 

  14   

お問い合わせ・お申し込み   AES
   

窓口:AES事務局

080-6057-6016

jimukyoku@aomori-ems.org

FAX 0172-65-2264

  AES-HOME連絡ページ

 〒038-1214
 青森県南津軽郡藤崎町常盤五宮本23-1
合同会社 青森環境機構

 
 窓口:あきた環境機構
090-5597-6608

koshitaka2019@gaea.ocn.ne.jp

   このページの先頭へ 15   

以下は参考資料です 

KESの誕生と環境をめぐる世界の動き 
 

1972.  6  国連人間環境会議  @ストックホルム

1987.        国連世界環境開発委員会(ブルントラント委員会)報告書

                                      我々の共有する未来持続可能な発展

1992.  6  地球サミット  @リオデジャネイロ

1997.12  気候変動枠組み条約  @京都・COP3

                          京都議定書 採択 (2005.2.16 発効

2001.  4  KES 誕生

2007.  4  特定非営利活動法人 KES環境機構発足

2010.10  生物多様性条約  @名古屋・COP10 

                          名古屋議定書採択 (2014.10.12 発効)

2015.  9  国連SDGs 採択  @国連本部 N.Y. (2016. 1 発効)

                               持続可能な発展目標Sustainable Development Goals 

2015.12  気候変動枠組み条約  @パリ・COP21

                          パリ協定 採択 (2016.11.4 発効)

2019..12 ・・・COP25 スぺイン開催



 

  参考1  

わが国における主なEMS 
 

・ISO14001   ・・・ EMS世界標準

・エコアクション21 ・・・ 環境省肝煎りEMS

・エコステージ       ・・・ 当初から内部統制・CSRを目指したEMS

KES ・・・ 京都発祥!

              ( Kyoto Environmental Management system Standard )

                     京都府京都市在京都の大手企業による

                 サポートの下京都工業会が母体。

              中小組織にとって

                 簡潔で 取組みやすく 低コスト EMS

                 を目指して誕生。

                 当初の 地域型 から 全国 へ、

                             製造業 中心から 全業種

 
 

  参考2  

 KES(環境管理システム)を導入する」とは?
  

組織の運営(仕事の進め方)の中に

  汚染の予防環境保護法令順守 を核として

  社会的責任への対応 へと視野を拡げた

  「管理の体系」

  目指す姿目標を実現するために

  どのようにどういう順序で実行するのか

  を明確にした

  「仕組み」として組み込むこと。


 

  参考3  

 KESの取組みは全国に多くの業種に
  

KES登録組織 全国45都道府県で 3,297

                                                                        (2019. 3末現在)        

    40人未満の組織で全体70% 小規模な組織でも取組みやすい!

    ステップ1とステップ2の比率=32

    幅広い業種が登録

      製造建設・土木造園卸・小売外食チェーン・給食

      宿泊施設病院社会福祉施設交通行政

      公共施設管理廃棄物処理教育・研究機関法律事務所



 

  参考4  

KES取組みの基本は「P-D-C-A」サイクル 
 PDCA  

  参考5  

 組織のマネジメントシステムは規格(スタンダード)に準拠
  

 規格とは?

    活動の意図した成果達成するために

    最小限必要な要素

    要求事項として

    PDCAの順序に沿ってまとめた文書

  KES環境マネジメントシステムスタンダード

 組織

    規格に準拠して

    自らの環境マネジメントシステムを構築し運用する

 

   このページの先頭へ 参考6 mask

 copy right 2020 LLC Aomori environment organization all rights reserved.